レイク審査

レイクの審査のチェック項目

レイク審査

 

レイクの審査では、年収や年齢以外にも確認項目があります。
その確認をするために、必要な情報を提示しますので、そこから判断できるものとして属性スコアリングも見ています。
勤務や住居、今までの履歴に関して細かなチェックをしながらポイントをつけて、基準より高ければ審査に通過する可能性が高くなります。
インターネットから審査申し込みをすると、必要事項の入力をして送信すると自動審査が始まります。
自動審査の受付時間は8:10〜21:50までで、毎月第3日曜日のみ8:10〜19:00となっています。
自動審査は、一般的に言われる仮審査と同じなので、結果メールが送信されてから本人確認書類などの送付をして本審査に通過する必要があります。
この自動審査では、主にスコアリングを中心として結果を考えるようですね。
その後、信用情報で事故履歴がないのか、返済に問題のない人なのかということを審査していきます。
事故履歴というと、ほとんどの方はブラックリストに掲載される大きな問題だから自分には関係ないと思うでしょう。
しかし、普段の支払いなどが滞っても事故履歴として信用情報には掲載されます。
公共料金や携帯電話の料金でさえ、支払いがきちんと出来ていないと、信用情報に掲載されるだけではなく、ご自分の信用問題に関わりますよ。

 

レイクの審査では、ここに注意しよう

レイクの審査で注意したほうがいいことを取り上げてみましょう。
基本的なこととして申し込み条件の指定がされています。
年齢は満20歳から70歳以下の方、そして安定した年収のある方としています。
これは絶対条件と言っても良い部分で、仮にわずか数日、誕生日がずれても要件を満たさないとして審査対象にはなりません。
審査を受ける側と審査する側で認識が少し違うかもしれませんが、柔軟な対応ではカバーしきれない部分ですね。
そのため、「1日くらい誕生日をごまかしてもいいじゃないか」と思う方もいますが、虚偽の申告をすると、利用希望者に対してレイクが不信感を持つことになります。
信頼出来ない方に融資をすることは考えられませんので、虚偽の申し出をすると審査には通過しないものと思っていたほうが良いでしょう。
他社からの融資を受けている方は、その件数と合計金額が不利になると思って隠したいでしょうが、
これも調べるとすぐに発覚することなので、正直に申請することをオススメします。
仮審査に通過すると本人確認書類を提出しますので、年齢に関してウソをついても無駄だと思っていたほうが良いですね。
その書類にまで何かしら修正を加えようとしても、法律に反することなのでやめましょう。
他社借入に関しては、「調べてわかることなら聞くことはないだろう」と思いますね。
この情報を申請してもらうのには別の意図があります。
「不利になるとわかっても正直に申請するのか、どうか?」ということから審査申込者の信頼度を図っていると思って良いでしょう。

 

レイクの審査に落ちないために出来ること

年齢や勤務・お住まいの状況から判断される属性スコアリングは、利用希望者が何か工夫をして変更できるものではありませんね。
そのため、基礎情報で正直な深刻をすることと、事故履歴がないように普段の支払いをきちんとすることが大事です。
また、急ぎで融資が必要な状況だとしても、何件かのカードローン会社に、まとめて審査申し込みをすると、どこかは通過の結果になるだろうというのは避けましょう。
数多く申し込みをすると、かなり「お金に困っている人」という印象を強めてしまいます。
当然、何かの支払いに困っていることが予想できるので、計画的な利用が出来ないだろうという判断がついてきます。
また、借金を借金で返すようにも見えてしまいますから、そういった融資をしてくれるカードローン会社はないものだと思ったほうが良いですね。
基本情報以外のことは、ご自分で有利にも出来ますし、不利な状態にも陥ってしまいます。
計画的なお金の使い方を心がけることで、急な入用の時もカードローンの利用をしやすくします。
このようにしてレイクの審査に落ちない工夫が出来るようになっています。

レイクの審査でうっかりしがちなポイント

レイクの審査を受けるとき、ついうっかりしていて審査に落ちる場合もあります。
どのようなことに注意をしていくと良いのでしょうか?
インターネットで申し込みをすると、審査の時、勤務先への在籍確認が省略出来るカードローン会社もあります。
しかし、レイクでは必ず在籍確認をしています。
パソコンで必要事項を入力して送りますので、勤務先の電話番号を間違えて入力するのは致命的ですね。
電話で在籍確認が取れませんし、そうするとお勤めしているかどうか証明することは出来ません。
それどころか、「虚偽の深刻をしたのでは?」「実はお勤めしていないのでは?」といらない疑念を持たれることになるでしょう。
店舗に行かなくても手続きが出来る便利な方法なので、入力内容は間違えないよう慎重に確認して下さい。

レイクの審査の前に使えるツール

ほとんどのカードローン会社に共通して、公式ホームページには「お借り入れ診断」が設置されています。
どれを利用しても構わないということではなく、そのカードローン会社の基準が違いますので、利用希望の公式ホームページで試すようにしましょう。
レイクでは生年月日、ご本人の年収、他社からの借入件数と、現在の借入額を入力すると診断できます。
審査申し込みでは希望額の申し出もありますが、適正な金額に設定したほうが審査には良い影響があると思っていいでしょう。
そのため返済シミュレーションで、返済計画を検討したほうが良いですね。
この返済シミュレーションも公式ホームページからアクセス出来ます。
新規で申し込む場合は、無利息ローンが利用できますので、
「30日間無利息」なのか「5万円まで180日間無利息」なのか希望する方を選択してシミュレーションします。
シミュレーションの結果はすぐに表示されて、毎月の返済額と支払い回数がわかります。
利用可能額などを調整してから、申し込み開始の画面に進むことも出来ます。
希望融資額を考えるときは、総量規制にも照らしあわせて検討しましょう。
ご自分の年収の1/3以上は融資を受けられませんので、300万円の年収の方なら100万円が限度です。
他社との借り入れの合計額が、この100万円に収まらなくてはいけませんね。
レイクの審査申し込みの段階で、他社借入が100万円になっている場合は、これ以上の融資はダメなので審査対象外とされるでしょう。

レイクの審査で正直に申告する理由

属性スコアリングや信用情報の紹介、電話での在籍確認をする中で、実は利用希望者の人間性チェックをしています。
最終的な決断をするのは機械や情報だけではなく、審査の担当者だということを忘れてはいけませんね。
信頼関係が構築できない方には融資を行いませんので、最終的な決済の時に、不安視される要素があってはいけないのです。
例えば、電話での在籍確認や、審査担当者と電話でのやり取りをしていて、横柄な態度で対応してしまったとしましょう。
一般的な考え方では、人にお金を借りるときは横柄な態度でお願いすることはないと思います。
「カードローン会社だし、使ってやるんだ」という考え方をしていると、電話での対応にも出ますので、非常識な人だと思われますね。
確かに利用する側はお客様でもありますが、人間性を疑われるような対応では希望融資額を大きく減らされたり、審査に通過しないことまでありますよ。

 

主婦キャッシングについて

 

レイク店舗について