キャッシングリボ

キャッシングにおけるリボ払いについて

まず、キャッシングとは借金のことで、リボ払いとは「リボルビング払い」の略で、毎月の返済額を一定額に設定できる返済方法です。
例えば、10万円のキャッシングをした場合、翌月もしくは翌々月にその10万円と利息を一括返済する方法をとることよりも、
毎月の返済額を2万円に設定し、その設定額と経過利息を毎月継続的に返済していくというリボ払いを選択することもできます。
リボ払いを選択した場合に注意しなければならないことは、キャッシングの残高が残っている限り利息が付いていくという点です。

 

新たなキャッシングを行った場合は、さらに過去の残高に上乗せされた残高に対して利息が付くことになります。 
毎月の返済の負担を和らげるために返済額を低く抑えることができる一方、残高がなかなか減らず、利息もかさみ、
結果的に一括返済と比べると返済総額が大幅に増えてしまうというリスクがつきまといます。 

 

このように、リボ払いの方が負担が少ないと考えるのは実は間違っているということは意外に知られていません。
従って、リボ払いを選択する際には、毎月の収支バランスを正確に把握し、
元本のみならず利息分も含めた返済能力をしっかり見極めてから、リボ払いの金額設定を行う必要があります。 
毎月の収入が安定していて返済能力に余裕があるのであれば高めに設定し、不安定な収入で余裕がなければ、
利払いは増えてしまいますが低めに設定するという選択ができます。 
もちろん、利払いを最小限に抑えられる一括返済ができればそれに越したことはありません。